空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

撮影報告 その44 高崎から会津若松へ

長いトンネルの手前のパーキングエリアにて

2011年10月4日。

今日もいい天気。

かおりさんが援農にやってきた。

この前の続きで不耕起の田んぼの草取りに行った。
私は竹渕さんの家で事務仕事。

なんだかもっと竹渕さんの家にいたかった。

お昼は竹渕夫妻とかおりさんの4人で倉渕の満寿池に食べに行った。

マスがおススメとのことなので私はフライの定食を食べた。

別れ際、智子さんがにゅにゅっと近づいてきてハグをした。

そしてそれぞれハグをして別れた。

でも、今回の群馬取材撮影でまた「空想の森」の上映会をやってくれそうな人が何人か現れたので、またきっと上映会ができる。

それがとっても楽しみだ。

今この状況の群馬で「空想の森」をみんなで観たい、そして話したいと思った。

群馬を去りがたい気持ちのまま福島へ向かう高速にのった。

群馬の山々が夕方の光に包まれていた。

それはそれは美しかった。

いよいよ福島に入るのだなと気持ちが引き締まる。

しかし連日の寝不足がたたって途中眠くて眠くて仕方なかった。

危ないので30分ほど寝た。
会津若松に到着したのは21時近くだった。

高速降りたところに、小暮さんが迎えに来てくれた。

今日の宿にと小暮さんが考えていてくれたライダーハウスに向かった。

そこで積田さんと合流した。

ラーメン屋さんでもあるので、営業は終わっていたが、シナソバをつくってもらって3人で食べた。
会津若松での取材のスケジュールは小暮さんがアレンジしてくれ、5人の方を紹介してくれた。

その打ち合わせをした。

右から小暮真由美さん、積田和守さん。

このライダーハウスは店の机の間に寝るという感じだったので、申し訳ないが駅前の東横インに泊まることにした。

店のオーナーの方はここに泊まっていけばいいのにと言ってくれたが、とにかくとても疲れていて、明日からも撮影が立て込んでいるのでここに泊まるのは無理だった。

東横インまで連れて行ってもらい、遅いチェックインをして小暮さんと別れた。

バタンキューだった。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用