空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

撮影報告 その89 ブルーベリーフィールズ紀伊國屋にて

 

2011年12月26日。

雪が降っていた。

長靴をはいて、奥田さんとブルーベリーフィールズ紀伊國屋にランチへ。

南へ下ると雪もなく、お日様が顔を出していた。

ブルーベリーフィールズ紀伊國屋
この日が今年最後の営業日だった。

ブルーベリーフィールズ紀伊國屋は山の上にある。

ここは少し雪がつもっていた。

私はランチでワインを飲みたかったので、奥田さんに運転してもらうことにした。

雪の琵琶湖も素晴らしかった。

この風景を眺めながらのランチは、本当にぜいたくだと思う。

雲がかかったり、晴れたり、雪が降ったり…。

目まぐるしく天候が変わっていく。

そんな変化も楽しみながら、おいしくランチをいただいた。

前菜。

食後のフレッシュハーブティーがこれまた何ともいえずおいしかった。

いのちのスープ。


14:00。岩田康子さんがやってきた。(ブルーベリーフィールズ紀伊國屋の社長)

そして3人で話をした。

左から、岩田康子さん、私、奥田好香さん。

彼女は3.11以降、自分に何かできないかいつも考え行動している。

今、着物を集めて被災地に送り、それを手仕事でリフォームしてもらい、販売していけるようにならないかと考えワクワクしていた。

この話を私たちにしたかったのだろう、彼女は一気に話をした。

想い出のある着物を手放す。

それを被災地の女性たちが、違う形のものにリフォームする。

それを大きな店ではなく、人から人へ販売する。そうすることで、被災地の人たちの小さな喜びや希望につながるように、そして私たちも被災地の人たちに想いを馳せられるように。

そんなことを彼女は考えてワクワクしているようだ。

ブルーベリー。

2時間ほど話し、「続きは今度田代さんが滋賀に来た時にね。」と言って別れた。

 

彦根に帰る途中、大中の愛菜館に寄る。今までいいお天気だったのにここは吹雪だった。

野菜を買う。

根菜類は北海道に持って帰られるからと、ゴボウやきんとき人参などを奥田さんが買ってくれた。

 

愛菜館。

 

各地の映画上映が縁で知り合った人たちと、それが縁でつながってきた。

そして3.11が起こったことでまた違う関わりが始まっている。

その人たちと会ってから今までの短い間に、私にも、知り合った人たちにも、それぞれの時間が流れていることを感じずにはいられない。

当たり前のことなのだけど。

これが、生きているということなのだろう。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用