空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

大間原発裁判報告会&説明会 東京・御茶ノ水YWCAにて

建設中の大間原子力発電所。
2011年11
月撮影。

 

大間原発裁判報告会と説明会

下北半島大間町で建設途中の大間原発は、昨年の3月から福島原発事故を受け、工事が中止されています。
いま国と東京電力は、国内の原発が定期点検も含めて止まってしまうことを恐れています。
新規の原発建設の着工が難しいいま、なんとしても「工事の再開」というより易い方向で、原発推進の道を開こうとしています。

建設中の大間原発。あさこはうすへ行く道から。
2011年11月撮影。

 

大間原発建設工事は、昨年2月の時点での、37%強の工事の進捗率で、このまま工事を止めるために、全国の皆様の注目と支持が待たれます。

このまま、工事再開と定期点検後の再稼動を許すことは、この国の原発政策を許すことです。
福島第一原発がいまだ、4号機のプールのひび割れによる、放射能汚染水の垂れ流しと原子炉圧力容器、格納容器を破り、コンクリートを浸潤していると思われる核燃料の存在さえ定かでない現在。
新たに原発を動かしてはなりません。

大間原発はプルトニウムとウランの混合燃料MOX燃料を全炉心に装荷します。
津軽海峡沖の活断層の存在など、原発を建ててはいけないところです。
ぜひ、大間原発をとめて、六ヶ所を止めて、すべての原発を止めましょう。
ぜひみなさま、ご参加ください。

2012年2月3日(金) 午後6時30分~午後8時
東京・御茶ノ水のYWCAで、「大間原発裁判報告会と説明会」が開かれます。

報告者:竹田としこ(大間原発訴訟の会・代表)
報告者:森越清彦弁護士(大間原発訴訟・函館弁護団代表)
報告者:原子力資料情報室スタッフ予定

入場料:500円

 


竹田とし子さん。


森越清彦さん。

主催:大間原発訴訟の会 (函館市松蔭町1-12 函館YWCA内)
電話&FAX 0138-51-9718
mail ysnt@ms8.ncv.ne.jp
内容など詳しくはメール、電話でお問い合わせください。

大間原発訴訟の会・運営委員、原告   野村保子

野村保子さん。野村さんも東京に行きます。

 

私も撮影に行きます。お近くの方はぜひご参加ください。
田代陽子

 

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用