空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

旅する映画 その108 空想の森 in ニーヨル その2

IMG_0805 (800x589)

2014年2月1日

9:00 ニーヨルに到着。

厨房では、原さんが仕込みの真っ最中。

窓に着いた結露の水滴をとってから、

おかみさんと野村さんと私は窓を暗幕で覆う作業。

 

そうこうしているうちに、あゆみちゃんとけんちゃんがやってきた。

あゆみちゃんはキッチンのヘルプ。

圭介さんは家で子守りだ。

ケンちゃんはお客さん用のコーヒーを落とす。

聡美さんは仕事で、晩の仁山ホテルでの打ち上げに来るとのこと。

コーヒーはケンちゃんが焙煎したものだ。

 

親方も機材を持ってやってきた。

私も機材のセッティングのヘルプにまわる。

マック、プロジェクター、アンプ、スピーカーをつなげて終わり、

画と音を出してみた。

画の方はスタンダードサイズで問題なく出てきた。

音のボリュームを調整中、ハプニングが起こった。

音がミュートになってしまうのだ。

しばらく色々やってみたがやはり、音が落ちる。

急きょ、ケンちゃんのアンプと念のためDVDプレーヤーも持ってきてもらった。

試してみたが、やはり音が落ちる。

大きなボリュームの場面で落ちることがわかったので、落ちない限界まで調整したかったが

もうお客さんがわらわらとやってきているので時間切れ。

音を絞り気味にして、万が一落ちたらアンプの電源を入れ直すという対処をすることにした。

その間の画は飛んでしまうが、これがこの時点の最善の方法だった。

IMG_0803 (800x592)

どんどんお客さんがやってきて、40人ほどの人たちで会場はいっぱいになった。

よく入ったものだと思う。

この冬の道の悪い中、足を運んできていただいたことに感謝。

思いかげず、若い人たちもけっこういた。

 

コーヒー、ランチボックスを出来た順に配っていく。

原さんが料理について説明してくれた。

マッシュポテト、なすとレンズ豆のスパイス風味、あかり農場の豚、焼きリンゴ、

山田農場のチーズ、こなひき小屋のパン、野菜のトマト風味の煮物などなど

素材はできるかぎり地元産のものを使ったそうだ。

お客さんたちはおしゃべりしながらランチボックスを楽しんでいた。

 

そして監督の私、出演者のけんちゃん、あゆみちゃんが少し話をした。

映画の完成から6年目。

このような形でまた新たな人たちと出会い、そして被写体の人たちと関われるシアワセを感じた。

今回は初めて観る人もたくさんいる。

どんな風に感じて観るのだろうか。

IMG_0804 (800x600)

上映開始。

一番後ろからドキドキしながら観ていた。

音の不安があるので、なんとか止まらずにいってくれーと願いながら。

 

けして座り心地がいいとは言えない環境だが、みんな集中して見ているのがわかった。

そして、反応がすこぶるよかった。

文代さんの場面で、たいがい笑いが起こる。

それ以外でもちょいちょい笑いが起こり、私はすっかり嬉しくなった。

 

前半が無事おわり、後半のDVDに突入。

映画祭の新得バンドの演奏の場面で音が落ちた。

ああ、きたー、と思ったが、やることをやるだけ。

アンプの電源を入れ直し、音量を絞った。

その後何回か落ちてしまったが、映画祭の場面が終わったら、あとは最後まで止まらずにいってくれた。

 

上映後、窓を覆っていた暗幕を取り払った。

目の前の雄大な雪の駒ヶ岳に一同しばし感激。

 

そして質問や感想をいただく。

これがなかなか面白かった。

 

こんなことを聞かれた。

学舎の障害を持った人をなぜ撮らなかったのか。

この映画のテーマはなんですか。

3.11後、変わったことは何ですか。

都会と田舎の上映の反応は違うのか。

などなど・・・

最後の方に感想として、地元の農家の方がこんなようなことを話してくれた。

現在のあかり農場や山田農場をみていると、すごいなあと思う。

自分も農業をやっているのだけれど、これでいいのだろうかと考えてしまうことがある、と。

映画を観て自分の感じたことを朴訥と話すその人は、私にはとても魅力的に映った。

きっとものすごい努力をして仕事をしている方なのだろうと想像した。

 

この方の話を聞いていて私はこんなことを想った。

人は、これをやっていこう、と決めて、学び、実践しながら、前を向き続け、

あきらめないで目指すものを追いかける姿に心を揺さぶられるんだなあ。

と。

そして当たり前だけど、現実に全てが現れる。

 

農を志す若い人たちちも3,4組観てくれていた。

この人たちは今さまに、実践しながら模索しているに違いない。

みんな目を輝かせていた。

それだけでなんだかとても嬉しくなってきた。

 

素晴らしい上映会だった。

このような機会をつくってくれる方々に出会えたことへの感謝の気持ちがわいてくる。

そして、何度でも観たいと思わせてくれる(もちろん全部の人ではないです)「空想の森」にも感謝。

また気を引き締めて、新しい映画の編集に向かおう。

 

原さん、野村さん、おかみさん、親方、あゆみちゃん、けんちゃん、圭介さん、聡美さん、

そして機材など協力してくれたみなさん、本当にありがとうございました。

 

 

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用