空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

土曜の午後に

時々行く焼肉屋の斜め向かいにその店はあります。

パッと見ではなんだかよくわからないけど、素敵な店です。

よく行く蕎麦屋の通りでもあったので、ある日店に入ってみると、

やっぱり素敵な店でした。

日本でまじめにつくられているモノを売っていました。

店主の方が、また素敵な若者でした。

私は時々お店に行くようになりました。

「一本向こうの通りにウチとテイストは違うんですけど、この店と同じ頃にオープンした雑貨とカレーの店があるんですよ。こういう感じで、店が増えていってくれるといいなあと思っているんです。」

この辺り、なんだかいい感じにお店をオープンする人が出てきているんだなあと思い、

その店に行ってみました。

中に入ると、奥から店主らしき若者が出てきました。

彼は私を見ると、

「タシロさんですよね。ボクをおぼえていますか?コータです。高校生の時、映画祭を手伝った・・・」

「えー!あの時の高校生の?よく私をおぼえていたねー!」

と私。

20年くらい前、私たちがまだ30歳になったくらいの頃でした。

その頃の私たちは、毎年、新得空想の森映画祭をバリバリやっていました。

映画の選定、ワークショップの開催、ライブの開催などなど、かなり盛り沢山なことをやっていて、いつも人手が足りていませんでした。

そんなある年、地元の高校生たちが15人くらい映画祭をがっつり手伝ってくれたことがありました。

コータ君のことはおぼえてはいませんでしたが、素晴らしい高校生たちでした。

コータ君は高校を卒業して、海外をめぐり、そして地元に戻ってきて、雑貨・カレー屋をオープンしたのでした。

お店の内装も自分でやったそうです。

そして、映画の上映会もお店で開催したりしています。

すごいなー。頑張ってるなー。

次はカレーを食べに来ようと思います。

とても嬉しくなった土曜の午後でした。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用