空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

「空想の森」を久々に新得で上映して

「空想の森」が空想の森映画祭で上映されました。

完成した時以来なので、新得で11年ぶりの上映。

当時撮影に協力してくれた方々も見に来てくれました

上映後、前に出てきてもらい一言ずつ感想を言ってもらいました。

’いんであん’こと、芳賀さんが話した感想が心に残りました。

「自分たちにとっては見慣れた場所、身近な人たちが登場するので、

完成当初は、この映画、何が面白いんだろう、誰が見るんだろうと思っていました。

時間がたった今見て、なかなかいい映画だなあと思いました。」

と。

これだけでも、足掛け10年格闘してつくった甲斐があったなあと思いました。

記録していなかったらすっかり忘れ去られていた記憶。

「空想の森」は、私自身が仲間たちと共に過ごした時間の記録でもあります。

映画にしたことで、その時の空気、湿度、匂いと共に、

感情も思い起こされてきます。

こうやって、確かに私たちはここで生きていたんだな、と。

100年後、誰かがこの映画を見たとき、

映画を通して、登場する人たちと出会うことで、そうそう!と共感したり、ププッと笑ったり、明日からまた頑張ろう!と思えるような映画を私はつくっていきたいと改めて思いました。

農繁期で忙しい宮下さんと文代さんは見に来られませんでしたが、

今度ゆっくり見てもらいたいなあと思いました。

帰りに宮下さんのところに寄ると、

枝豆、とうきびなど、とれたての野菜をいただきました。

本当に美味しいです。

宮下さんのつくる野菜は。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用