空想の森 RSS Feed
 
 
 
 



信級日記 vol.30

令和元年10月9日

7:30 起床

8:00 朝食

8:45 心ちゃんの稲刈りの撮影に出発。いい天気で気持ちがいい。

心ちゃんの田んぼは岩下の植野くんの田んぼの隣。

すぐ隣の田んぼはお母さんの西川さんの田んぼだ。

やり方が違うので一人一枚ずつつくっているとのこと。

稲を刈る鎌を研いでいた。

「今日、消防団で捜索に出なくてはいけなくなるかもしれないので

稲刈りを中断するかもしれません。理由はまだ言えません。」

と心ちゃん。

心ちゃんは信級の消防団のメンバー。

植野くん、浅野さんもメンバーだ。

「わかりました。」と私。

なんだか胸がざわついた。

一坪くんにもそのことを伝え、撮影を開始した。

まずは田んぼの周りの草を草刈機で刈る。

稲を干すための骨組みを立てる。

そして稲を刈りを始めた。

バイクに乗ったお巡りさんがやってきた。

心ちゃんと話をして、また去っていった。

「消防団の出動がなくなりました」

と言って心ちゃんは稲刈りを続けた。

私たちも撮影を続けた。

西川さんが田んぼ仕事にやってきた。

稲刈りも終わっているが、今年の反省を踏まえ来年のための作業をしているとのこと。

そんな話をしているうちに、何があったのかを教えてくれた。

とてもショックなことだった。

シゲトさんが亡くなった。

つい先日のお祭りの日、シゲトさんはいろんな話を私にしてくれた。

岩下の草刈りの時、女衆に混じって男一人でバリバリ草を刈っていた。

私が植野くんの家に泊まっていた時も、家がすぐ横だったのでちょくちょく顔を合わせ

話をしたことなどが思い出された。

空を見上げた。

お昼 撮影を終え、宿舎へ戻る。

心は晴れない。

13:30 撮影に出発。

日向畑の吉沢さん(てっちゃん)のお宅へ。

ノックをするとてっちゃんが出てきた。

家の前でひとしきりおしゃべりしてるところを撮影させてもらう。

途中、日向畑の長老の村田さんが畑仕事を終え、野菜のせたザルを抱えてゆっくり歩いてきた。

私たちが撮影しているのも意に介さず、普通にてっちゃんと立ち話。

とてもいい感じだった。

そして小さな橋を渡って家へ帰っていく。

それから向かいの浅野さん宅へ。

由美子さんがいて、ひとしきり話す。

浅野家はまだ結構稲刈りが残っている。

信級でまだ稲刈りしてない田んぼは、ほとんど浅野さんの田んぼらしい。

ということで、明日撮影させてもらうことにした。

帰りがけに畑からナス、ピーマン、枝豆をとってくれた。

ありがたくいただく。

そして岩下へ。

心ちゃん、西川さんも今日の仕事が終わるところだった。

岩下の重鎮・兼備さんが杖をつきながら歩いてきた。

私は、お祭りの時のお礼を言って、

「今度兼備さんの話を聞かせてください」と言った。

「一服しよう」

と言って、兼備さんは田んぼの脇にゆっくりと腰を下ろした。

私と西川さんが両脇に座ると兼備さんは話を始めた。

馬耕のこと、そしてシゲトさんのこと・・・

一坪くんは正面に三脚を据えて撮影。

兼備さんと話をするのは初めてだった。

西川さんが後で私に言った。

「兼備さんがこんな風に話をするのはめずらしいことだよ。ヨーコさんありがとう。」

私はすごく嬉しかった。

撮影を終え宿舎にもどる。

夕食の下準備をする。

そしてさぎり荘へ。温泉につかる。

支配人の塚田さん、所長の小山さんが受付にいて少し話をした。

小山さんは今日、信級の石坂さんに案内してもらってきのこ採りに山へ入ったそうだ。

時々山のことを石坂さんに教えてもらっているそうだ。

ゆっくり湯に浸かり、宿舎へ戻る。

夕飯。

ご飯、具沢山味噌汁、切り干し大根はりはり風、缶詰、枝豆どうふ。

晴れているので、星の撮影にいくことにした。

岩下の田んぼから星空を撮る。

ここは空の広さ、山の稜線がいい感じなのだ。

デジカメとキャメラ両方で撮った。

星を見ながらまたシゲトさんのことを思わずにはいられなかった。

宿舎に戻り撮ってきたものをチェック。

小澤酒造の酒を二人で少し飲む。

香りがよくおいしい。

今日は悲しいこと、嬉しいこと、混在する一日だった。

信級日記 vol.29

令和元年10月8日

ゆっくり起きる。

心ちゃんが風呂掃除のバイトで来ていて廊下で会う。

「温泉いれたてですよー」と心ちゃん。

そして明日から稲刈りをするという。

心ちゃんは手刈りをする。

ということで、撮影させてもらことにした。

チェックアウトの後、私たちは掃除したての温泉にまた入る。

風呂をあがってなんだか疲れがどっと出てきた。

休憩所で3人でごろっと横になる。

11時になって食堂が開いたので、お昼ご飯を食べる。

そして宮平に戻る。

柳屋さんが東京に帰る。

大きなザックを車に積み込む。

そして長野駅まで車で送る。

ホント、楽しかったなあ。

今回、来てもらえて本当に良かった。

柳屋さんとまた一緒に撮影をやりたい。

駅で別れ、私は信級へ戻る。

途中、道の駅で豆腐、卵などを買う。

それから尾澤酒造に寄る。

みゆきさんがいて、少しおしゃべり。

そしてお酒を2本選んでもらう。

柳屋さんがいる時に買いに来られたら良かったなあと思った。

宮平の宿舎に戻って夕飯の支度。

ご飯、具沢山味噌汁、納豆、大根おろし。

「なんか家のご飯が美味しいね。」

などと話しながら一坪くんと二人で食べる。

池田さんが丁寧に育てている野菜、新米、本当にありがたい。

一坪くん、家に電話して子どもらとお話し。

お父さんさんの顔になっていた。

明日は天気も良さそうだし、星の撮影もしてみようということになった。

キャメラとスチールでも試しに撮ってみようと。

一坪くんは風邪気味なので早めに就寝。

明日は心ちゃんの稲刈りの撮影だ。

楽しみ。

信級日記 vol.28

令和元年10月7日

6:30 起床

7:00 朝食

柳屋さんは、最後の撮影日。

植野くんの仕事の撮影に向かう。

先日焼いた炭を出し、窯の余熱で玄米を焙煎する。

8:15 出発

炭焼き窯に到着すると、炭出しの前に母屋横の土蔵で米の籾を落とす作業があるとのこと。

撮影隊3人も軽トラの荷台に乗っけてもらい一緒に行って撮影させてもらう。

そして、炭焼き小屋に戻った。

掻き出した炭は思ったよりも少なかった。

炭を出した後は、床を入念にはいて綺麗にしていた。

そして玄米を焙煎用の筒状になったドラム缶に入れる。

それをスライドして窯に入れ、蓋をする。

ドラム缶は自動でグルグル回る。

途中で焼き加減を確かめるため、何度か玄米を味見。

私たちも食べさせてもらった。

香ばしくて美味しい。

焙煎している間に、小屋の前で植野くんのインタビュー。

せっかくスタッフがいるのだから、私がインタビュアーになって植野くんの話をきちんと聞いてみようということになったのだ。

一坪くんと柳屋さんが、植野くんの考えていることを聞くことができるし。

初めは20分くらいで玄米が炒り上がる。

時間が経つにつれ、余熱が低くなっていくので焙煎時間が長くなっていく。

初めの方の焙煎は撮影をした。

3回目の焙煎の時にインタビュー。

祭りの後の高揚感もありつつ、インタビューを開始した。

撮影を終え、植野くんと記念写真。

宿舎に帰る時、もうすぐお昼になるところだった。

せっかくだからお昼の音楽も録音しようということになった。

柳屋さん、岩下公民館の放送の流れるスピーカーの下のあたりで録音。

音楽の終わりかけに、滅多に通らない車がブーンと走っていった。

あらら。

車の音は入るし、元々の音が割れているので、どうかなあ・・・

と柳屋さんが言った。

そしてそのまま岩下の田んぼをぐるっと歩きながら、撮影、録音。

天気も良く気持ちが良かった。

そして宮平の宿舎へ戻る。

柳屋さんは機材の梱包、パッキング。

いよいよさぎり荘へ。

途中、植野くんの家に寄ってパッキングした柳屋さんの機材を置く。

植野くんが発送してくれる。

さぎり荘についてすぐにゆっくり温泉に入る。

上がってから夕ご飯まで、宿舎でつくって持ってきた大根の塩もみなどをつまみにお酒を飲む。

夕食はさぎり荘の食堂で。

柳屋さん最後の夜。

地酒、名物のサフォークのジンギスカンを楽しむ。

いろんな話で盛り上がる。

柳屋さんと一緒に撮影ができて本当に良かった。

信級日記 vol.27

令和元年10月6日

7:50 起床

ありちゃんが朝食をつくってくれる。

イモと豆にオリーブオイルをかけて醤油をたらす。美味しい!

いよいよお祭りの撮影だ。

外へ出てみる。

空は雲で覆われている。降ってきそうな感じだ。

雨対策もして、撮影機材を準備。

11:45 その前に岩下集落へ。

当信神社のお祭りの前に岩下集落の人たちで岩下のこんぴらさんにお酒を捧げ、

公民館にみんなで集まりお祝いをするならわしなのだそうだ。

岩下公民館でのお祝いの様子を撮影させてもらう。

少し早めに行って、公民館のロングなど撮影。

この建物がなんとも味がある。私はこの公民館が好きだ。

ここにぴったりなのだ。

つくったのはもちろん岩本の羽田さん。

そして入り口前に移動して撮影。

「こんにちはー」

植野くん、和子さん、心ちゃんなど続々と公民館へやってくる。

中では女衆が作った手作りの煮物や漬物などがテーブルいっぱいに置かれていた。

みんな少しおしゃれをして、テーブルを囲み、飲みながら、食べながら、とってもいい雰囲気だった。

私たちはそれを邪魔しないよう撮影。

「撮影隊も中へ上がって飲んで食べなさい。」

と私たちも誘ってくれた。

せっかくお誘いくださったので、私以外のスタッフは1杯だけお酒をいただき、乾杯。

そして撮影を続けた。

岩下の重鎮・兼備(かねまさ)さんを中心にみんな笑顔で楽しそうだった。

壁に昔の写真が飾られていた。

そこに若い日の兼備さんがいた。威勢がよく、いかにも働き者そうな姿だった。

そしてもっとこの場を撮影したかったが、

本祭の撮影があるので、「また神社で!」と私たちはお礼を言って宮平の宿舎へ戻った。

車を置き、機材だけを持って撮影隊4人で神社へ。

ありちゃんは音の柳屋さんの助手をすることになった。

当信神社は宿舎から少し下ったところ。神社を眺めながら歩いていけるのだ。

神社が下に見えるところから撮影。

神社の階段下の「そろい場」というスペースに、のぼりが立てられていた。

ここに神輿を並べたり、準備をしているところが見えた。

なんかいい撮影ができそうな予感。

そろい場にみんな集まって、祭りの総代、宮司さんの挨拶などがあって、神輿を境内に背負っていくのだ。

神社まで降りていき、まずはみんなでお参り。

そろい場には、本鹿谷下(岩下)、本鹿谷上(岩下以外)、外鹿谷の神輿が3台が並ぶはずだが、まだ1台が到着していない。

カオリさん、子どもたち、アンナもやってきた。

子どもらは、そろい場の脇で遊んでいる。

みんな、祭りが始まるのを待っている。

私もワクワクしてきた。

神楽の音は固定で撮ることに。

神輿が境内に上がる前に、撮影隊は境内へ上がる。

事前に祭りの流れを聞いて、キャメラの動きは一坪くんが大体決めていた。

私は基本一坪くんの横にいて全体を見て、誰を撮るか知らせることにした。

予定の時間をだいぶ過ぎて神楽が到着。

そろい場への集合時間が30分早まったのが伝わっていなかったらしい。

西川さんが太鼓をたたき、心ちゃんが笛を吹き、そろい場でおはやしが始まった。

神輿の担ぎ手たちは祭りのハッピを着ている。

かっこいい。

お酒も振る舞われていた。

総代のヒロシさん(宮平・空師)はピシッとスーツを着て挨拶。

おおー、祭りが始まったー。

宮司さん、巫女さんを先頭に、神輿が境内へ向かって階段を上がってゆく。

撮影隊は急いで境内へ移動。

すでに社殿の前に獅子が置かれていた。

境内から神輿が上がって来るのを待つ。

宮司さんたちがお清めをしてから、境内に入ってきてそのまま社殿の中へ。

御神輿も上がってきて、所定の場所へ置かれた。

総代や会所の人たちが中に入り社殿では、神事が始まった。

一坪くんも中で撮影。

みんなはその間、お参りをしたり、おしゃべりをして思い思いに過ごす。

柳屋さんは振る舞い酒を頂いたり。

私は関口さんと話したり。

神事が終わり、そろそろ神楽を始まりそうだ。

総代のヒロシさんが知らせにきた。

やはり、この境内での神楽はとても素晴らしかった。

植野くん、西川さん、浅野さん、心ちゃん、加藤さん、

みんなすごいなあと思った。

信級の神様が喜んでるような気がした。

私はテンション上がってきたけど、上がりすぎないようにしようと心がける。

神楽の師匠の達三さんが具合が悪くなって車で休んでいたのが心配だった。

社殿の脇の金比羅さんにも神楽を奉納。

植野くん一人の舞だった。

今年は少し人が少なかったみたいだが、いいお祭りだなあと思った。

昔は人もたくさんいてさぞかし賑やかにやっていたのだろうなあ。

でも、今こうして若い人たちが受け継いでいきたいと言って

続いていることが素晴らしいと私は思う。

そして、宮平の宿舎に戻る。

晩の岩下の公民館の集まりに参加させてもらうことになった。

晩は撮影はぜずに、純粋に集落の人と交流しようと思った。

ただ、柳屋さんが18:00に集落に流れる音楽を録音したいとのことで

音どりはすることにしたこと、そして、夕方の岩下のロングは撮影しようということになった。

撮影と録音を終え、岩下公民館へ。

テーブルにたくさんの手作りの食べ物。

日本酒もたくさん。

祭りも無事終わり、みんなまた嬉しそうだった。

撮影隊が席に着くと、まずは一杯と湯呑みにお酒が注がれた。

一坪くんと柳屋さんはそれからずっとお酒を注がれ続け、飲んでいた。

みんな高齢になってきてあまり飲めなくなってきている中、飲めそうな若い人にどんどんお酒を注いでくれるのだった。

ご飯もとても美味しかった。

悦子さんのお嫁さんとその娘さんが、甲斐甲斐しくみんなに気を配り、

汁物やおかずを運んできてくれた。

二人が親子と知ってびっくり。お嫁さん若い!

私は隣に座ったシゲトさん、窪田さん、チカラさんとおしゃべり。

シゲトさんが信級の昔の話など、いろんな話を私にしてくれた。

窪田さん、チカラさんも話して面白かった。

石坂さんと3人がワナ仲間だという。

今度、撮影させてもらいたいと思った。

途中ありちゃんが栃木に帰っていく。

ありちゃんが来てくれて楽しかった。

そして私はホント、心強かった。

一坪くん、柳屋さんはなんだかずいぶんお酒を飲んだみたいだった。

私も集落の人たちとの会話が弾み、楽しませてもらった。

皆さんにお礼を言って岩下を後にした。

そしてさぎり荘へ。

一坪くんは酒をさましてから風呂へ。

私は明日の宿泊予約をする。

柳屋さんが8日に帰るので前日はさぎり荘にみんなで泊まることにした。

風呂の帰り道、植野家へ寄り、柳屋さんの機材の輸送用段ボールをもらう。

明日の予定も聞く。

宿舎に帰って一坪くんはバタンキュー。

今日もいい撮影だった。

信級日記 vol.26

令和元年10月5日

5:45 起床

一坪くんと二人で信級小学校、メイン通りの撮影。

柳屋さんは、宮平の上の方で音の録音。

戻って朝食の準備。

栃木からありちゃんがやってきた。5、6日と撮影のヘルプをしてくれる。

なんとも心強い援軍だ。

8:00 4人で朝食。

朝食後、4人で散歩。宮平の上の方へ歩いていく。

今日は夜の撮影があるので、昼間はなるべくゆるりと過ごそう。

お昼は昨日の余ったご飯を焼きおにぎりにして食べた。

「午後から、炭の火入れをします」

植野くんから連絡が入った。

13:45 植野くんの炭焼き小屋へ4人で撮影に向かう。

天気は上々。

炭焼き小屋の脇で植野くんの友人のアンナがアート作品を製作中だった。

彼女は美術大学の学生で、10月13日に当信神社でイベントを開催することになっている。

そのイベントでは植野くんが踊りをやるとのこと。それを撮影させてもらう予定でいる。

撮影は一坪くんと柳屋さんに任せられるので、私は全体を見渡すことができる。

道沿いで植野くんのお隣さんのシゲトさんが畑仕事をしていた。

「また来ましたー」とご挨拶して、ひとしきりおしゃべり。

火入れも終わり、植野くんが岩下の会所の人たちのところへ私たち撮影隊を連れて行ってくれた。岩下のお祭りの撮影をさせていただくので、その前にご挨拶に行った。

信級には岩下、柴原、坂井、中村、日向畑、岩本、宮平、宮之脇、林、栃ノ木などの集落がありその集落の代表のような人を会所と呼んでいるとのこと。

悦子さん、兼備(かねまさ)さん、和子さん。

「明日のお祭り、撮影させていただきます。よろしくお願いいたします。」とご挨拶。

みんなにこやかに対応してくれた。

そして当信神社へ。宮司の久保田さんにご挨拶。

代々この神社の宮司を務めてきたそうだ。とても陽気な方だった。

神社のこと、色々お話をしてくださった。

お祭りの神事も撮ってほしいとのことで、カメラマンだけ中に入って少し神事を撮ることになった。

宿舎に戻り、ご飯を手早くすませる。

19:30信級小学校へ。神楽の前日練習の撮影。

獅子が2つ、畳の上に置かれていた。

結構迫力があるものだ。

みんなそれぞれ準備。

西川さん親子が太鼓を締めていた。

浅野さん、加藤さんもやってきた。

タツミさん、ヒロシさん、師匠たちも揃った。

そして練習が始まった。

獅子 植野くん、加藤さん

笛 浅野さん、心一郎くん

太鼓 西川さん

西川さんは太鼓だけでなく唄も歌う。

師匠たちがずらっと並んで見守る中、弟子たちが一生懸命神楽を舞う。

時々師匠たちが指導をする。

一つひとつの動作には意味があるのだ。

独特の節回し、獅子の舞。

信級の神様に捧げる神楽。

ずっと昔から信級の人たちはこの神楽を神様に捧げてきたのだ。

その舞と唄を代々受け継いできたのか。

すごいことだなあと改めて思った。

神様と信級に暮らす人たちとの架け橋となるのが神楽なのかなと思った。

ここで暮らしたいと思って移住してきた若い人たちが、

この神楽を継いでいくこと。なんて素晴らしいことなのだろう。

西川さん、よく歌詞と節を覚えたなあ、と。

生半可なことじゃできない。

すごい。

息子の心ちゃんは笛がよく似合う。

似合うだけではなくて、うまい。

師匠にも褒められていた。

師匠たちも見本を見せてくれた。

やはり当たり前だけど違った。

素晴らしい。

獅子、笛、太鼓。

それぞれ決まった型がある。

でもやっていくうちに、うまい下手はあるけど、

その人のものになっていき個性がでてくるそうだ。

浅野さんの奥さんの由美子さんから聞いた話だ。

信級に来て初めて神楽を見た時、炭焼きの関口さんが獅子をやっていたそうだ。

その獅子に感動したそうだ。

きっと関口さんという人が表れた獅子だったんだろうと思う。

植野くん、加藤さん、浅野さん、心ちゃん、西川さんもきっと、それぞれそういう風になっていくんだろうなあ。

休憩時間には、日本酒がふるまわれた。

これは、神楽をする人たちを会所の人たちがもてなすという慣しなのだそう。

会所とは各地区の代表者のような人のこと。

撮影隊もいただいた。

私は神楽というものを見るのも初めてだったこともあって、なんだか感動した。

羨ましくもあった。

このように神楽を引き継いてやっているのは、この辺りでも信級だけになってしまったそうだ。その師匠たちも高齢になってきている。

「師匠たちの神楽を記録として撮ることができますよ。」

と話すと、

「じゃあ、もっとちゃんと練習しないとなあ。」

と師匠たち。

次の世代の人たちが学べるように、映像を残すことができたらと思う。

植野くんたちが学んでいる神楽。

まだ全てを教えてもらっているわけではないそうだ。

まだまだ教わっていないことがあるそうだ。

休憩の後も稽古は続いた。

22:00 終了。

宿舎に戻り、4人で話をする。

ありちゃん、先に就寝。

オープニング、エンディングなど、映画のイメージを3人で話す。

私にとってとても嬉しいことだった。

スタッフ撮影の醍醐味を味わった。

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

このページの頭に戻る

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用