空想の森 RSS Feed
 
 
 
 



             風の映画舎のHP 

風の映画舎のHP http://www.kaze-film.net

「風のたより」感想 いわき上映会 古滝屋

上映日 2018年3月17日

会場 いわき湯本温泉 古滝屋

主催 古滝屋

大間原発のことはくわしく知りませんでした。

3.11、同じ東北よりも、関東、関西の方からきこえる風評被害などばかり気にしていた自分がいます。

上映会のおかげで、もっと広い目で日本を見るという事が出来そうです。

また、この家族の今を知りたいと思いました。

小さな命、動物の命、大切にして生きたい。

(無記名)

昭和から平成、そして次の世代に移り変わる世の中、こういったハートフルな映画をもっと今の若い世代の方へ観て頂きたいと感じました。

(女性・46歳・派遣社員)

家に住まれてさつえいされたからなのか、とても自然体なインタビューが見やすかったです。

時に笑いあり、いやしありで楽しめました。

ありがとうございました。

(女性・35歳・歌手・飲食業)

ここまで家族の「暮らし」に注目した映画は少ないと思う。

どの家族も、自然との暮らしを大切にし、新しい命を大切にしていた。

その暮らしに中で、放射能の恐怖をどこかで感じていたように思った。

なぜこのようなきゅうくつにならなければいけないのか。

様々なものにほんろうされる人々の生活、そのはかなさを感じた。

(男性・23歳・大学院生)

色々考えさせられました。

福島原発を建設する時、反対した人がどれだけいたのか!

きっと今より情報が少なく良い事しか教えられず。

あとは土地を売ればお金が入ってくる!

原発建設はカソ地がねらわれるから、土地の人も活性化すると喜ぶ!

でもキケン性を知らない、教えられない。

か動すれば還付金が入る。その味を知っていると他の地域に住めなくなる。

働かずお金が入れば人間変わる。悲しいね!

大間の人、函館の人、それぞれの立場で考え方が違う。

どこに逃げても一緒だと思う。

最後にゴンちゃんがカッコいい!はい優さんみたい!

(女性・43歳・会社員)

今の子供の感想を聞きたい。

なにげにメシテロ?

(無記名)

以前ポレポレの映画館で原発を作るというある地区(村?町?)の現実にあった映画を見ました。

地区の人達のねばり強い反対の行動で開発されずにすんだ映画でした。

私自身、こんなことになるとは思っていなかったので、どうしたらという思いがありましたが、一から原発のことを知りたい、知ろうと思いました。

うまく書くことが出来ませんが、いわきの今の現状は表面は良くなって来ていますが、心の中のどっかにモヤモヤとした何かがあるような・・・

でも前を向いて生きていかないとと思います。乱文ですみません。

(女性・68歳・主婦)

震災・原発について、家族のありかた、考えさせられる映画でした。

(男性・28歳・会社員)

3.11からの人々の生活が生き方と共に撮られていました。

やはり残したいもの、守りたいもの、必要なもの、一緒に考えさせられました。

(女性・61歳・福祉系)

震災後、遠くで暮らす人達がどのように現実を受け止め、どのように考えていたのかが感じられて良かったと思います。

(男性・50歳・会社員)

前を向いて生きていく事を、いろんな気持ちをかかえながら生きているんだなと感じました。

(女性・50歳)

映画は大好きでよく観にいくのですが、私の中でのドキュメンタリーで感動したのは「人生フルーツ」で4回も見ました。

それに並ぶドキュメンタリー「風のたより」に出会って良かったです。

佐々木ファームのたかさんの話も直接聞き、映画も見ました。

本当のことを伝える良い映画だと思いました。一人でも多くの方に見てほしい映画です。

(女性・64歳・主婦)

私は原発には反対ですが、抱えている想いや意見は、おそらく世間一般の方とは異なるし、

又、たくさんありすぎて複雑すぎて簡単には書けません。

本当なら一晩かけて話したい・・・。

ただ一つ、「すでに地球規模で汚染されている」

このことは私の想いのひとつと同じ出会ったので、おもいきりうなずきました。

原発はやめる・やめないという問題ではなくて、国家間の駆け引き、ひいては戦争と平和まで遡らなければ語れない問題だと思います。

ただ、この映画は「本当に見たかった」。

ありがとうございました。

(女性・52歳・会社員)

原発立地訴訟を通じた原発事故後の様々な家族の日々の生活の中で、

今後の不安を抱え、どう生きていくか。

全国の原発が立地している多くの箇所の周辺の住民のことを改めて考える事ができた。

普通の生活をおくっていた福島の避難者、一変した生活をおくられている方、どうしようもないいかりや悲しさが改めて考えさせてもらった。

年とともに薄れていく記憶の中で、風化させない努力と警鐘を引き続きこのような上映はとても重要と感じました。

他に家族の団らん、動物との関わり、とてもドラマとしてドキュメンタリーについて新鮮でした。

ありがとうございました。

(男性・63歳・公務員)

大変良かったです。

原発問題は大変な事だと思います。

絶対十分な安全な物はないと思います。

私は原発再稼働反対です。

被害者にならないと実感はわかないと思いますね。

(68歳)

映画にでてくる人のくらしが

清らかで、やさしくて、

心洗われるようでした。

(女性・39歳・ライター)

いわき上映会の旅 番外編その3

2018年3月21日。

植野くんが、羊飼いの松岡さんに会わせてくれました。

信級の麓の町に暮らす松岡雅流さん。

羊飼いになるべく、奥様の地元のこの町でスタートを切りました。

この子は、リーダーの子供で、次のリーダーになる子です。

冬季はこの羊小屋で過ごしますが、夏はスキー場の山で羊を追います。

羊を追いながら、ビジネスをしたいんです。

と松岡さん。

それ、気持ち良さそうですね。

と私。

日本の羊は1万頭を切っているとのこと。

その数を増やしていきたいんです。

松岡さんは羊の人工授精の資格も取ったそうです。

奥さんの真理子さんと息子の翔流くん。

松岡さんは自然に奥様の肩に手を添えます。

松岡さん、羊肉のソーセージもつくっています。

いただいたのですが、これがものすごく美味しかったです。

羊の肉ってこんなに美味しいのって思いました。

新しい出会いをありがとうございました。

植野家に戻ると、いさなくんとカナタくんは年に一度のボーリング大会から帰ってきていました。

景品でもらったゲームでみんなで盛り上がりました。

「うちも写真とろう」

松岡さんに触発された植野くん。

(みなとくんは隣の部屋で寝ています。)

信級、また行きたくなるところです。

いわき上映会の旅 番外編その2

2018年3月21日。

信級の早春。

雪が降ってきました。

寒いはずです。

関口さんの炭焼き小屋。

信級小学校。

かたつむり食堂では、お彼岸のおやきをつくっていました。

今日は寺島純子さんもいらっしゃり、再会。

寺島さんは人をあったかい気持ちにさせてくれる人だなあ。

美味しかったです。

石坂さんがこの冬に雪山で腰をひねり、信州新町の病院に数ヶ月入院していた。

今日、退院の日ということ。

石坂さん、病院からかたつむり食堂に直行してきます。

ちゃんと歩けています。

よかった!

純子さんがストーブの横に石坂さんの席を作りました。

久しぶりのかたつむりのご飯です。

ずっと病院食で、胃が少し小さくなった石坂さんのために

おかずを少しづつ、小鉢に盛り付け。

石坂さん、よかったですね♪

私は定食をいただきました。

外はまた雪化粧。

石坂さんの退院記念です。

いわき上映会の旅 番外編その1

2018年3月20日。

いわきを後にして、その足で長野の信級へ向かいました。

昨年9月の信級上映会で初めて訪れた信級。

また行きたいなあ、とずっと思っていました。

長野駅まで植野くんが迎えにきてくれ、早速、かたつむり食堂へ。

お店の前で次々と知人友人に出会います。

植野くんの師匠・炭焼き職人の関口近夫さんとも再会。

嬉しかったです。

なかなかお店に入れません。

かたつむり食堂の屋根の立派な柱!

かたつむり食堂の2階に部屋ができていました。

飲んで帰れなくなった人はここにお泊まりできます。

空のアトリエのカレンダーが貼ってありました。

去年の9月に私がきた時から今までの信級のニュースをきよみさんから聞きました。

きよみさんは、去年の9月、きよみさんはかたつむり食堂に働き始めて間もない頃でした。それが、最近結婚して信級の住人になったのです。

旦那様はきよみさんにラーメンの作り方を教えにきてくれた人だそうです。

なんておめでたいのでしょう。

もう一つは、かたつむり食堂から歩いて5分のところに住む越山さんの家が火事で焼けて、越山さんが亡くなってしまいました。

越山さんは91歳でした。

かたつむり食堂ができてから毎日楽しみに通っていたそうです。帰りにきよみさんが手を繋いで家まで送って行ってあげていたそうです。

とても悲しいけど、最後は幸せな日々を送っていたことがよかったなあと、植野くんは言っていました。

植野家は相変わらず賑やかでした。

双子のイサナくん、カナタくん、末っ子のミナトくん。

小学校の授業でけん玉があるそうで、特にイサナくんがけん玉にハマっていました。

もし亀を膝を使ってリズミカルに何度も繰り返します。

カナタくんは、漢字が大好きで、難しい漢字の読み方をよく知っています。

この夜、きよみさんがかたつむり食堂を開けてくれました。

ありがとうございました。

山菜の天ぷら。

ぬか漬け。

これが、旦那さんから習った信級ラーメンです。

本格的なラーメンで美味しいです!

ほんと、かたつむり食堂最高です。

美味しいです。

いわき上映会の旅 その7

2018年3月19日。

この日は一日船生さんがいわきを案内してくれました。

船生さんは、昨年7月、いわきからわざわざ栃木の益子の上映会に見にきてくれて、

見た直後、いわきでもやりたい!と言ってくれた人です。

そのおかげで、去年の福島ツアーが実現しました。

そして、今回の古滝屋さんでの上映会に繋いでくれた人です。

今までなかなかゆっくり話せる時間もありませんでした。

今回は上映会の後、1日ゆっくり船生さんと過ごせる時間も私は楽しみにしていました。

船生さんの話は本当に面白いです。波乱万丈、ドラマティックすぎます。

時々ポツリと震災の後の話になったりするのですが、それは本当に胸にきます。

どれほどの思いをしてきたのでしょうか。

めちゃくちゃ働き者で、一生懸命で、率直で、明るくて、美味しいお菓子をつくる船生さん。

出会えて本当に良かったです。

最初に連れて行ってくれたところは、久之浜の秋義神社。

海のすぐ近くにあります。

ここは津波が来て、その後火災が起きて63人の方が犠牲になったところです。

この辺りは住宅地で家がびっしり建っていましたが、ほとんど津波でさらわれてしまいました。

しかし不思議なことに、この神社の本殿はそのまま建っているのです。

この小さな神社が津波と火災から免れて今もここに建っています。

この神社の神様にご挨拶し、犠牲になった方々のご冥福をお祈りしました。

そして、私がぜひ行きたいと思っていた回廊美術館へ連れて行ってくれました。

なんと素敵なところでしょう!

2013年にオープンしたこの美術館。

今後99年かけて9万9千本の桜を植えていくそうです。

ここで春にイベントがあるそうです。

船生さんは毎年出店しているそうです。

向こうの山もこの美術館だそうです。

ハイキングですね。

いわきの浜に流れ着いていた木造船。

この船は世界中の美術館を旅した船です。

お昼寝したりして、一日中楽しめそうです。

いわきに来たら、またここに来たいです。

そしてランチは平コノイエへ。

美味しくいただきました。

満足感半端ありません。

ほんと、いいお店です。

うちの近くにあってほしいお店です。

いわきに来たら、また食べに来ますね。

アクアマリンは閉館間際で見学できず。

海沿いを歩きました。

海上保安庁の巡視船が停泊していました。

そしてここもぜひ行きたかった古川クラ酒店。

昨年の上映会に見にきてくれた丹さんのお店です。

店内に入っただけでテンションが上がります。

配達から帰って来た丹さん。

今晩船生さんと飲むワインを選んでもらいました。

丹さんはブドウの生産者の話から始まります。

ブドウをつくる人、そのブドウでワインを醸す人、そしてそのワインを飲む人に繋げる丹さん。

丹さんの話を聞いていると、ワインめちゃ飲みたくなります。

天職ですね。

4月にワインと料理の店をオープンするそうです。

今度いわきに来たら行きたいです。

丹さんに選んでいただいたこのワイン、ほんと、美味しかったです。

船生さんの仕事場に帰って、夕食。

ワインを二本空け、夜中まで尽きない話。

仕事場の2階に「風のたより」のポスターを貼ってくれていた。

嬉しい。

船生さんのクッキー。

ほんと美味しいんです。

購入しました!

船生さん、お世話になりました。

楽しい時間をありがとうございました。

また、いわきに行ったら一緒に飲みましょうね。

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

このページの頭に戻る

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用