空想の森 RSS Feed
 
 
 
 



風のたより その306

今年は8月に入るまで長雨が続き、

やっと太陽が出てきて夏になったなと思ったら

お盆前から空気が変わり、ああ、夏も終わるんだ・・・という感じになりました。

そして台風が北海道に上陸。

ここ十勝も結構な風と雨で、浸水被害や農作物の被害もあり、

農家にとってはホントとんでもない年だと思います。

うちの畑もなかなかトマトが赤くなりません。

 

今日も雨降りです。

この秋、「風のたより」上映会がポチポチと決まってきました。

 

苫小牧、札幌、岡山、栃木で話を進めています。

詳細が決まり次第アップいたします。

風のたより その305

IMG_0159

北海道に帰ってきた。

エゾハルゼミが鳴いている。

この声を聞くと、もうすぐ夏だー!と思う。

IMG_0160

 

苗を植え、のびてきた草を刈り・・・

 

IMG_0178IMG_0179

 

 

風のたより その304 アホや〜

と自分を思うことが時々あります。

 

彦根の帰り、名古屋に寄って友人と会いました。

その友人は「空想の森」のトロピカル上映会の時石垣島で出会い、上映会の時に随分とお世話になりました。

最近、出身地の名古屋に戻ってきたばかりで、彦根上映会にも来てくれたのですが、ゆっくり話せなかったので、

大曽根駅前のみのや北村酒店で一杯飲んでからランチに行こう!という予定でした。

北村酒店の北村さんは「空想の森」を上映してくれた方で、これまた久しぶりの再会でした。

IMG_0116

北村さん

美味しい酒ばっかりで、しかも友人の「風のたより」の感想も嬉しくて、

つまみを食べながらどんどん酒が進んでしまいました。

結局ランチも行かずに・・・

 

IMG_0115

結構ヘロヘロになって、新幹線で川崎の実家まで帰ってきてバタンキュー。

あほやーと思いました。

 

でも楽しかったー!

 

風のたより その303 縁

今回の彦根上映会。

久しぶりにお会いできた人たち…。

 

「空想の森」の関西界隈の上映会に何度も見に来てくださり見かけてた方でしたが、

お名前がわからなかった。

今回ようやく名前と顔が一致し、お話しすることができました。

 

「空想の森」を上映してくれた大津友の会の人たちも、忙しい中4人で彦根まで来てくださった。

 

京都シネマで「空想の森」を見てくれて、「風のたより」の製作協力をしてくれた京都の宇田医院の宇田先生も、

午前中の診療を終えて、彦根まで駆けつけてくれた。

 

京都の上原七子さんも、「空想の森」が縁で知り合った方。

上映会には用事で来られなかったが、翌日彦根まで会いに来てくださった。

 

この上映会を企画してくれた奥田さん。

今までいくつもの上映会を共にやってきました。

そして奥田さんがどんどんいい顔になっていき、

彦根から人の輪が広がっていきました。

 

みなさん、いつできるかわからない映画に快く協力してくださり、完成を待っていてくれました。

 

人の縁のありがたさが身にしみた上映会でした。

本当にありがとうございました。

これからもよろしくお願い致します。

 

IMG_0113彦根 はなしょうぶ通り商店街の村川商店にて

 

「風のたより」感想 彦根上映会

上映日 2016年6月4日

会場 ひこね市文化プラザ メッセホール (滋賀県彦根市)

主催 「風のたより」上映実行委員会

 

「風のたより」感想

 

画像がとてもきれいで美しかったです。音楽もとても良かった。

ラムヤートの人の食卓風景がすてきでした。

「今晩の夕食を整えるのに全力だった」「今晩というより毎日でしょ」

こんなやりとりがあったと思います。印象的でした。

3.11の困難な状況に中で日常から希望を感じる終わり方で力が湧きました。

(疲れていたのでちょっとねてしましました。ごめんなさい。)

(女性)

 

 

震災から時がたつにつれ、その時の思いを忘れていきます。

久しぶりにまた色々思い出しました。

原発問題は奥が深いですね。

私なりにできることをしていきたいと思います。

 

 

自然の中に生かされているという感謝を忘れている人達にこそ見てほしい作品です。

自然そのままで生きていくのは簡単ではありませんが、理想的な生活が描かれています。

中途半端かもしれませんが、真似できる部分は精神的なところも含めて自分の生き方に取り込んでいきたいと思いました。

すべての悪いものを排除するのは難しいですが、選ぶことが大切なんだと

出演のご家族が教えてくださったと感じました。

 

 

若者の自然との共生と平和を願いがよく分かる映画であった。

草刈りのため私も3年前まで5年間ヤギを飼っていました。

多賀町の冬は若狭湾の偏西風がキツクまさに福島における飯館村の状況を感じます。

風は自然の風、人の風もあります。平和の風をふかして下さい。

(67歳・男性)

 

 

 

楽しく観ました。

子供達の動き、親の対応、なつかしく感じました。

 

 

自然の中でゆったりと子育てしてらっしゃる若い方の生活を(本当は忙しいのでしょうが気持ちを大きくもって)ほほえましく見させていただきました。

子育て中の若い同世代の方がご覧になるといいなあと思いました。

(69歳)

 

 

意図はわかるけど少し長いように思いました。もう少ししぼって端的に表しても良いのでは。

(82歳・女性)

 

 

原発反対、日常生活の中でのドキュメンタリー、良かったです。

ますますの活躍を期待しています。

(69歳・男性)

 

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

このページの頭に戻る

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用