空想の森 RSS Feed
 
 
 
 



風の映画舎のHP 

風の映画舎のHP http://www.kaze-film.net

速報です!!

山形国際ドキュメンタリー映画祭2017の

アジア千波万波というカテゴリーで

「風のたより」の上映が決定しました!!!

本日、山形国際ドキュメンタリー映画祭のHPに

アジア千波万波の上映作品が正式に発表されました。

山形国際ドキュメンタリー映画祭のHP

https://www.yidff.jp/home.html

 

今年は10月5日〜12日の開催です。

私は全日程参加します!

「風のたより」関東ツアー 番外編 その5

チーズ工房千senの柴田千代さんは、この二日間の上映会の間、

様々な人たちを私に引き合わせてくれた。

大多喜町は竹林が多い。

その竹を使ってヘラなどをつくっているおじいちゃん。

千代さんはチーズ作りで使うヘラを特注してこのおじいちゃんにつくってもらっているそうだ。

大多喜のお土産にと、千代ちゃんはヘラを私にプレゼントしてくれた。

発酵和食の店、蔵精。

千代さんがここで晩御飯をご馳走してくれた。

チーズ工房千senのチーズも使っている。

素敵なご夫婦がつくる美味しい発酵料理。

大多喜町に行ったらまたここで食べたい。

大多喜にはこんなところもあります。

古民家を改装したセンスのいいお蕎麦屋さんに連れて行ってくれた。

ここもチーズ工房千senのチーズを使ったお料理を出している。

お蕎麦もとても美味しかった。

ここもまた食べに来たいお店。

古民家ゲストハウス・わとや。

 

なんとも気持ちのいいところだった。

今建築中の新しい部屋。

絶景の部屋だ。

ここに泊まりたい。

まことの里。

ここで上映会をやろうという話になったので、

早速千代さんと下見に行って来ました。

千代さんは、自分の大切な人たちを紹介して私に繋いでくれた。

思えば12年前、「空想の森」の製作中、必死になって撮影をしていた頃、

千代さんもまた、新得共働学舎のチーズ工房で修行をしていたのだった。

その時私は、学舎を撮らせてもらうに当たって、

キャメラをすぐには回さなかった。

まず学舎で仕事を一緒にさせてもらった。

畑、チーズ工房、朝の朝食作りなど、みんなと一緒にやらせてもらった。

そして徐々にキャメラを回し始めた。

初めの頃、インタビューもさせてもらった。

千代さんにも話を聞かせてもらった。

その時に千代さんが語っていた将来の夢を私は憶えていた。

それが、今まさに実現していた。

その間の千代さんの12年の時を思うと、なんだかとても感慨深く、

千代ちゃん、本当にやったね!と思った。

私も映画を2本、完成させて、

独立した千代ちゃんのフィールドで上映してもらえる日が来るなんて本当に嬉しかった。

「風のたより」関東ツアー その5−4 チーズ工房千sen 千葉県・大多喜町

2017年7月9日。

二日目。

今日は、神棚の前でスタッフミーティング。

この家の神様にご挨拶をして、一日が始まった。

「風のたより」上映スタート。

前半が終わって、ランチ休憩。

上映終了後、トークの時間。

千代さんが一人ひとりに話を振ります。

映画の感想や、思ったこと、自分のやっていること、

これからやっていきたいことなどを、皆さん、思い思いに話してくれました。

素晴らしい時間でした。

私も上映会をやりたい!

という人も。

次の上映会も決まりました。

こうして二日間に渡る上映会が終わりました。

心に残る素晴らしい上映会となりました。

参加してくださった皆さん、

主催の千代さん、

手伝ってくださった皆さん、

本当にありがとうございました!!

「風のたより」関東ツアー その5−3 チーズ工房千sen 千葉県・大多喜町

2017年7月8日。

久しぶりの「空想の森」の上映会。

今回ランチをつくってくれるももさん家族。

旦那さんはスピッツさん、娘さんはすももちゃん。

こんなメニューを提供してくれます。

会場はこんな感じです。

バーの方で、スタッフミーティング。

富士夫さんが、名札用の椿の葉を摘んでいます。

のれんのところがバーで、ここが受付になります。

奥がチーズ工房です。

受付です。

隣のチーズ工房はこんな感じです。

富士夫さんとスピッツさんは、駐車場係。

上映が始まりました。

なかなかいい劇場となりました。

「空想の森」では柴田千代さんも登場しているのです。

12年も前なのに、千代さんはあまり変わっていません。

上映後、ランチの時間です。

そしてトークの時間。

千代さんの仕切りで、話が展開されます。

富士夫さんも今までの関東ツアーのことなどを語りました。

そして参加者のみんなも一人ひとり話をしました。

新得共働学舎の初期の頃のメンバーの方も見にいらしてくれた。

とても懐かしそうに見ていた。

久しぶりに「空想の森」をみたが、なかなか面白かったです。

一日目、無事終わりました。

「風のたより」関東ツアー その5−2 チーズ工房千sen 千葉県・大多喜町

2017年7月7日。

前日に大多喜町に入る。

大多喜町は、東京からのアクセスがとてもいい。

羽田空港から大多喜町直行のバスが出ている。

1時間ほどで到着する。

終点の大多喜駅に今回の上映会の主催をしてくれた柴田千代さんが迎えにきてくれた。

大多喜町を初めて訪れた私のために、

千代さんが少し町を案内してくれた。

本多忠勝という武将の城下町だったということで

町中にはその面影が少し残っていた。

チーズ工房千senに到着。

なんともいいところ。

手前の建物がチーズ工房とバー。

奥が母屋。

チーズ工房千のすぐ裏に牧場がある。

そこからミルクを買ってチーズをつくっている。

苅米牧場の奥さんの実家が、チーズ工房千なのだ。

ご縁があって、千代さんにぴったりの場所が見つかったのだそうだ。

栃木から、関東ツアーを一緒に回ってくれた富士夫さんが車で駆けつけてくれた。

明日の「空想の森」の上映が終わるまで、一緒に手伝ってくれる。

チーズ工房千では、色々なイベントをやってきたが、

映画の上映は初めてとのこと。

初めての映画上映に「空想の森」と「風のたより」を選んでいただいて

とても嬉しかった。

しかも、上映会のためにスクリーンとプロジェクターを揃えてくれたのだった。

これからも映画の上映をやっていきたいそうだ。

チーズ工房千では、寺子屋をやっていて、子どものためのいろんなイベントも企画している。

画像と音のチェックで、音が出ない!コードが合わない!

などの問題が発生し、遅くまでバタバタしたが、

千代さんの友人たちの協力と、富士夫さんの活躍で事なきを得た。

明日に向けてかんぱーい!

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

このページの頭に戻る

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用