空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

アーカイブ  上映情報

山形国際ドキュメンタリー映画祭2017  10月13日 番外編その1 

早朝、アナの見送り。

アナ、また会いましょう。

私もチェックアウト。

ダンボール二つを自宅へ送り、スーツケース一つを千代の車にのせてもらった。

今日はこれから千代とミホちゃんといっしょに鶴岡を経由して、千葉の千代の家へ帰る強行軍。

道中、紅葉が始まっていた。

途中の道の駅。

地物がたくさん売っていた。

「にんにく安いですねー」と言って買ったら、

「うわー、価値のわかる人がいてよかったー」と、ことのほか店の人が喜んでくれた。

鶴岡の森茂八商店。

2011年秋、私は群馬や福島での撮影をしていた。

その足でヤマガタ映画祭に参加した。

撮影中で車でヤマガタに行ったので、その時行きたかった鶴岡のレストラン・アルケッチャーノまで足を伸ばしたのだった。

その時、通りがかった森茂八商店。

車を運転しながらも、籠がたくさん見えたので、Uターンしてこの店に入った。

籠やら箒やらたわしやら、私が大好きな生活の道具が所狭しと並べられていた。

お茶を飲むスペースがあったりして3時間以上は店にいたと思う。

あと10年もしたら作り手が死に絶えて後を継ぐ人がいなくなるという話を店の方から聞いたりした。

それでも、うちの店では工芸品でなく、生活の道具として売りたいんだとおっしゃっていた。だから値段がバカみたいに高くない。

そんなこんなで話をしていて、私が今ドキュメンタリー映画の撮影をしていて、ヤマガタ映画祭に来て、アルケッチャーノで食べたくて鶴岡まできたことを話した。

すると、何年も前にお釣りを間違えて取りに来ないままのお金があるという。もう取りに来ないだろうし、それを製作資金としてお渡しすると言って1万円を私にくれたのだった。

そんなことがあって、お手紙ではお知らせはしていたのですが、あの時の映画が完成してヤマガタ映画祭で上映されたことを直接報告したかったのだ。

千代もミホちゃんもやっぱり、大好きなお店でした。

私はまた小さな籠など、持って帰れるものを買った。

作り手はどんどんいなくなって、これが最後というものもあった。

後継がいればいいというものでもないという話をお聞きしました。

籠に使う植物をいつどのように採取したらいいのか、これを知っていなくては籠は作れない。

ただ植物を切って持ってくればいいというものではないのだ。

庄内刺子。

「ヨーコちゃん、もう行かないと」

と千代。

アルケッチャーノの予約の時間が迫って来た。

山形国際ドキュメンタリー映画祭2017  10月12日 その2

この日にはまだまだ続きがありました。

今日こそは風呂に入ろうと、ホテルに帰ったのですが、ちょっとベットに横になったらうたた寝してしましました。

ハッと起きた時には、大浴場が閉まる20分前くらい前。

浴衣に着替えて慌てて1階の風呂へ。

2階のフロントで風呂の鍵をもらうのを忘れたので、フロントへ行こうとした時、

向こうから浴衣を着た背の高い外国人の女の人がやってきました。

その人に「フロントで鍵をもらうの忘れたから、一緒に入っていいですか」

と私は英語で聞きました。

そして二人で脱衣所へ入り、その人の顔を見るとコンペで大賞をとったアナでした。

「おめでとう!!本当に良かったね。」

と言ってハグをしました。

「授賞式であなたのコメントを聞いていて、本当にあなたの気持ちがよくわかったよ。」

というようなことを私は言いました。

ひとしきり話した後、アナは

「初めて日本の風呂に入るから入り方がわからないの」

と言いました。

きっとアナも、連日飲んで遅くなり、大浴場に入れなかったのだろう。

「大丈夫、私が教えてあげるから。」

二人並んで私が持って来たオリーブ石鹸で体を洗いながら、

ざっと風呂入り方の説明をしました。

「ああ、気持ちいい」

湯船に浸かりながらアナが言いました。

「ヨーコ、毎日こういう風呂に入るの?」

とアナ。

「うん、そうだよ。家の風呂はこんなに大きくないけどね。」

と私。

アナは一人でヤマガタに来たので、表彰式の写真を撮れなかったとのこと。

私はたくさん写真を撮ったから、メールで送る約束をしました。

そして、お互いの部屋番号を教えました。

風呂を上がって荷造りが終わったら、アナが私の部屋に遊びに来ることになりました。

「ヨーコ、いつ湯船から出ていいの?」

とアナ。

見ると真っ赤な顔をしています。

「アナ、好きな時に出ていいんだよ」

と私。

シャワーを浴び、そのままそこでバスタオルで体をふきだしたアナ。

「アナ、体を拭くのは脱衣所でね。」

と私。

そして、深夜1時の少し前、荷造りを終えたアナが浴衣でやって来ました。

すべてが終わって明日ポーランドへ帰るアナ。

かなりリラックスしていました。

私の部屋にはお祝いでいただいたワインや日本酒や泡盛などがたくさんありました。

アナに何を飲みたいか聞くと、赤ワインとのこと。

富士夫さんからいただいた栃木のココファームの赤ワインを開けました。

ワインを飲みながら、色んな話をしました。

私が記念に「風のたより」のヤマガタ記念手ぬぐいを2枚プレゼントしたら、

とても喜んでくれて、1枚は額に飾って1枚は普段使うと言ってくれました。

群馬の岩田さんからいただいた梅ジャムも日本のお土産にとプレゼントしました。

アナは「ちょっと待ってて。」

と言って自分の部屋に戻り、私にプレゼントを持って来てくれました。

ポーランドの大きなチョコレートでした。

ポーランドでは誰でも知っているトラディショナルなチョコレートだそうです。

これを日本に2枚持ってきて、その一枚を私にくれました。

(冒頭の写真がそのチョコです。)

どんな味なのか楽しみです。

英語なので私があまり突っ込んだ話はできませんでしたが、ヤマガタに対する想いや映画をつくっている時の気持ちなど、話をしていて共感できるところが多々あり、嬉しくなりました。

お互いの作品を見ていなかったのですが、私は自分のカタログのアナのページにサインをお願いしました。

アナはものすごく考えて、メッセージを書いてくれました。

私たちは温泉で出会いました。温泉の「せん」は、ポーランド語で「夢」という意味です。諦めなければ夢が叶うのだ。

というようなことを書いてくれました。

そしたらアナも自分のカタログの私のページに、メッセージを書いてと言いました。

私は日本語で書きました。

そして私たちは3時くらいまで飲みながら話し、ワイン1本を開けていました。

ヤマガタの最後の晩。

忘れられない思い出となりました。

山形国際ドキュメンタリー映画祭2017  10月12日 その1

デイリーニュースへ。

映画の話をひとしきりみんなとしました。

と言っても私は4本くらいしか見ていませんでしたが。

桝谷さんの奥さんと初めてお話ししました。

くっさん。

キャット。

受賞作品の上映で「あまねく調べ」を観ました。

とってもいい映画でした。

これが観られて良かったです。

監督と話せないのが残念でした。

夜、両親と千代とミホちゃんと、宮沢さんに教えてもらった中華料理の店へ。

やっと両親とご飯を一緒に食べられました。

抜群に美味しいお店でした。

ヤマガタに来たらまた食べに来ようと思います。

店から出ると、富士夫さん発見。

ラムヤートの板を貸してくれたフォーラムの横の店の人と一緒でした。

蕎麦屋まで案内してくれていたところでした。

なんて親切な人なのだろう。

富士夫さんがしっかり営業してくれていて、今のつくりかけのお店が完成したら、

上映会をやってみたいと。

サンプルDVDを送る約束をしました。

山形国際ドキュメンタリー映画祭2017  10月11日 その5

いんであんと悦。

グランドホテルでさよならパーティー。

悦、みわちゃん、ありちゃん、ヒロシ君。

ありちゃんとヒロシ君はこの後、栃木へと帰って行きました。

ミホちゃん、千代、悦、みわちゃん、私。

ミホちゃんは、春に千葉で「風のたより」上映会を企画しています。

悦、私、小林茂さん。

1997年、小林さんに教えてもらってヤマガタ映画祭に私は初めて参加しました。

その時、山之内悦子さんを紹介してくれたのが小林さんでした。

悦、私、みわちゃん、小林さん、いんであん。

みんな新得空想の森映画祭の仲間。

キャット、富士夫さん、私、いんであん、ミホちゃん。

デイリーニュースのくっさん、キャット、私。

くっさんは、「空想の森」の大阪宣伝部長でした。

「風のたより」を見てくれたニコルから感想を聞いています。

悦に通訳してもらいました。

そして香味庵へ移動。

そしてみわちゃんといんであんが私のホテルまで送ってくれました。

酔った頭の中で、ああ、終わっちゃったのか…

でも、まだ終わりたくないな…

と思いました。

そしてお腹が減ってきました。

夜のヤマガタの町を一人歩き回りました。

開いていた店でラーメンを一杯食べました。

そしてホテルへ帰って寝ました。

山形国際ドキュメンタリー映画祭2017  10月11日 その4

さよならパーティーの前に、腹ごしらえ。

パーティーではあっという間に食べ物がなくなるので。

みんなで屋台に入った。

他の屋台で注文してここで食べられるというお店だった。

地元の常連さんと一緒に楽しい時間でした。

おおらかな店主の方だった。

パーティー会場へ向かい、みんなで歩く。

みんなと最後のヤマガタの夜。

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

トップに戻る このページの頭に戻る

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用